フィリピン

人生最初の海外移住先をセブ島に決めた5つの理由

こんにちは!

TAKUMA
今回は海外移住先をセブ島に決めた5つの理由についてお話しするよ。

こんな方におすすめです

  • 今後海外の移住を考えている方
  • フィリピンセブ島の生活について
  • 移住先を選ぶ基準が知りたい方

この記事を読むと以下のことが得られます。

私がセブ島を移住先に選んだ理由
移住先を選ぶ方法や基準について

人生最初の海外移住先をセブ島に決めた5つの理由をお話しします。

個人的な意見にはなりますが、今後海外移住を考えている方の参考になると嬉しいです!

移住先を選ぶにあたって考えた5つのポイント

こちらが、私が移住先を選ぶにあたって考えた5つのポイントになります。

 日本から近く直行便のある国
 ●口座開設とクレカ作成ができる国
 ●物価が安く生活しやすい国
 観光名所が多いリゾート地
 英語が通じる国

それでは、1つずつ説明していきます。

日本から近く直行便のある国

まず、初めての海外移住だったため、日本から直行便が出ていて時差もあまりない東南アジアで考えました。

理由としては、いざという時に日本にすぐ帰ることができる場所の方が何かと便利だと思ったからです。

年に1回くらいは生活必需品の補充のために日本に帰ることも考えていましたし、航空券も往復3.4万円で購入することもできるため、お財布にも優しいです。

私は独身のため家庭は持っておりませんが、親は日本にいますし、いきなり遠い国に行くよりは安心するのかなという理由もあります。

強いて言えば、私は東京に住んでいたため、成田空港より羽田からの直行便があるとベストでした。
(マニラは羽田空港への直行便があります。)

口座開設とクレジットカード作成ができる国

立地的な条件を除くと、実は私が一番重要視していたのが銀行口座とクレジットカードの作成が比較的容易にできるという条件でした。

なぜかというと、そもそも海外に移住しようと思った理由が、今後将来的にリタイアメントビザなどのビザを習得し、自分が生活できる拠点を増やすということと、その拠点で起業をしようと考えていたからです。

そのためにも現地の銀行口座は必要になりますし、毎回日本のクレジットカードを使用して為替手数料を支払うのも勿体ないため、現地に根付くという理由からも、外国人でも銀行口座とクレジットカードの作成がしやすい国を候補にしていました。

物価が安く生活しやすい国

3つ目の理由は、物価が安く生活がしやすいという国という条件です。

万が一移住先で失業したり事業に失敗をしても、日本に戻るという選択肢は絶対に避けたかったため、シンガポールなどの先進国よりも、物価の安い発展途上国で考えました。

また、物価が安い分日本で生活するよりも生活水準を高くすることができるため、グレードの高い家に住むことができたり、少し贅沢をすることもできるため、モチベーションが上がったり、幸福度が高い状態で暮らすことができるという理由もあります。

観光名所が多いリゾート地

また旅行好きということもあり、旅行の拠点として最適な場所、もしくは観光名所が沢山ある国を選んでいます。

フィリピンは小さな島々が1000以上集まる島国になるため、観光先の数としては申し分ないですし、費用も安いため毎月旅行をする計画を立て、楽しみに一つにしていました。

さらには、個人的に寒いのが苦手ということもあり、冬の寒さから解放されるため比較的暖かい国を候補にしていたというのもあります。

英語が通じる国

最後は、英語が通じる国という理由です。

英語が話せるというわけではなく、英語が通じるというのがポイントです。

私は今まで留学もしたことがなければ、旅行先で英語を話す程度だったため、そんな私の英語力でもあまりストレスなく生活できる国を探していました。

ネイティブ圏になってくると、早すぎて聞き取れなかったり、英語が話せないことに対して見下すような傾向がありますし、かといって英語がそこまで浸透していない国に行ってしまうと、意思疎通ができなくなってしまいます。

その分フィリピンという国は、小学校に上がると国語の授業以外は全て英語で授業をすることから、当たり前のように英語が話せますし、またセブ島には語学学校がたくさんあるため、英語が話せない人に対してもわかりやすく話してくれ、何より理解してくれようとしてくれます。

そういった意味では、最初の移住先としてセブ島を選んだことは、かなり良い選択だったと思います。

移住先をセブ島に決めた5つの理由まとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ

・いざという時に日本にすぐ帰ることができる
・外国人でも銀行口座とクレジットカードの作成がしやすい
・日本よりも高い生活水準で生活することができる
・毎月海のきれいな離島旅行ができる
・流暢ではない英語力でも理解してくれる

このような理由から、セブ島を最初の移住先として決めたわけです。

結果として私の選択は間違っていなかったと思いますし、沢山の経験と学ぶものも多い2年間でした。

そんな私がフィリピンを離れる決意をした理由は、また別の機会にお話しできればと思いますが、最初の移住先としてはかなりおすすめです。

海外移住を考えている方の参考になると嬉しいです。

-フィリピン
-, , ,

Copyright© Better than Before , 2020 All Rights Reserved.