習慣作り

飽き性必見!モチベーションを保つためのテクニック

こんにちは!

TAKUMA
今回はモチベーションを保つためのテクニックをお話しするよ。

こんな方におすすめです

  • 飽き性で何かを続けることが不得意な方
  • 自分の意思が弱いと思っている方
  • すぐモチベーションが下がってしまう方

この記事を読むと以下のことが分かります。

モチベーションを保つためのコツ
自分の感情をコントロールする方法

この記事を書いている自分は、実際この方法を取り入れ、毎朝5時に起きてビジネス本を1冊読む習慣化に成功しています。

それでは、早速お話ししますね!

モチベーション維持の方法

まず目標を達成することが苦手な人から、よくこんな事を言われます。

 モチベーションがなかなか続かなくて
 ●途中で挫折することが多いんです
 ●意思が弱くて続けるのが苦手なんです

ただ単に自分が何をしたら喜ぶのか、どうしたらモチベーションが上がるのかを理解できていないだけなのです。

そのため、モチベーションを上げるためのことを自分にしてあげるだけで、自然と継続もできますし、最終的な目標達成にもつながります。

カフェで配られるスタンプカードの秘密

喫茶店やコーヒーショップに行くと、たまにスタンプカードを配っている店舗がありますよね。

実はそのスタンプカードにも、モチベーションを保つためのテクニックが隠されているのです。

ここではハーバード大学で行われた実験を例に、お伝えしたいと思います。

この実験は被験者を2つのグループに分けて、それぞれに違う種類のスタンプカードを渡していくものでした。

①.10個溜まれば1杯サービスされる 何も押していないカード
②.12個溜まれば1杯サービスされる 2個スタンプが押してあるカード

言い方は違いますが、どちらもあと10杯コーヒーを買えば1杯無料になるというスタンプカードです。

そのため、目標達成までに頑張らなきゃいけない量と、それに対して得られる結果は同じになります。

ところが実験結果を見てみると、既に2個スタンプを押してあるグループの方が、何もスタンプが押していないグループよりも、スタンプが溜まるスピードが早かったことが分かったのです。

前に進んでいる錯覚を作る

つまり、たとえ一歩も前に進んでいなかったとしても、前進している錯覚を自分自身が感じることができれば、結果としてモチベーションが上がり目標達成に近づくということです。

TAKUMA
たまに最初からスタンプが押してあるカードをもらうことがあるけど、科学的にも効果があったんだね。

このスタンプカードを例にとると、モチベーションを保つためには大きいことを成し遂げる必要はなく、小さなことの積み重ねでいいことが分かります。

具体的にいうと、自分の目標に対して少しでも前に進んでいることを、毎日何でもいいので探し、それを記録していくことです。

何かをインプットできたこと、たとえ5分や少ない時間でも目標達成に向けた行動ができたこと、何かの誘惑に負けずに我慢できたこと。

小さなことでも構いませんので、ノートやスマホのアプリに書き留めてみてください。

毎日低い階段でもいいので、少しずつ登っている実感をもつことが大切です。

ポイント

ダイエットでも運動でもビジネスでも、やる気を保つための方法は、自分が前に進んでいる感覚を嘘でもいいからつくること。

小さなことを4つ達成する

どんなに小さなことでも積み重ねていく大切さをお伝えしましたが、実際そんなに大したことじゃないと思っているような前進でも、なんと28%の確率で後々の大きなモチベーションに繋がっていることが解明されています。

要するに、皆さんが大したことがないと思っていることの4回に1回は、実は大きな自信やモチベーションに変わっているのです。

ポイントは、小さな目標を4つ達成すること。

例えば、自分が立てた目標にとって重要だと思うことや、これをやったら前に進めると思う作業を5分でも10分でもいいので、毎日やってみてください。

ダイエットを目標にしている人であれば、通勤時間を利用して毎日ダイエットブログを読もうとか、運動に関する本を読んだりだとか、何でも構いません。

ビジネス関係であれば、本を30分読むとか、偉人の名言や気になる言葉を一個書き留めたりだとか、直接目標達成に繋がらないことでも大丈夫です。

特に読書などは読み進んだページが数字でわかるので、前に進んでいる実感が湧きやすくおすすめです。

小さなことでも4つ達成ができると、そのうちの一つは大きなモチベーションになり、結果として自分の目標を達成できるようになるのです。

モチベーションを保つためのまとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ

・前に進んでいる錯覚を作る
・小さなことでも成果を記録していく
・小さな目標を4つ達成する

最初は前に進んでいる錯覚だけでも構わないです。

その錯覚が現実となり、モチベーションの維持にも繋がっていきます。

まずは小さなことから積み重ねていってください。

習慣作りに重要な3つのコツでも紹介していますので、こちらもご覧ください。

目標達成に向けた習慣作りに重要な3つのこと

習慣作りに重要な3つのポイントを紹介していきます。自分が立てた目標を達成したいと思っている方。途中で挫折してしまうことが多い方。励ましあいながら目標達成したい方におすすめです。

続きを見る

-習慣作り
-, ,

Copyright© Better than Before , 2020 All Rights Reserved.