習慣作り

習慣作りは朝が大事!習慣が身に付く期間とポイント

こんにちは!

TAKUMA
今回は習慣が身に付く期間とポイントをお話ししていくよ。

こんな方におすすめです

  • 何かを始めようと思っている人
  • いつ時間を作ればいいか迷っている人
  • 長期間習慣が続くか不安な人

この記事を読むと以下のことが分かります。

朝に時間を作った方がいい理由
目標達成に向けて継続するためのコツ

この記事を書いている自分は、実際この方法を取り入れ、毎朝5時に起きてビジネス本を1冊読む習慣化に成功しています。

それでは、早速お話ししますね!

習慣が身に付きやすくなるポイント

まず習慣が身に付きやすくなるポイントを3つご紹介します。

 約8週間続けると身に付きやすい
 ●朝起きてからやると身に付きやすい
 ●手間を減らすと身に付きやすい

それでは、ひとつずつ説明していきます。

習慣が身に付く期間

習慣作りは最初が一番辛く、回数を重ねていくごとにどんどん楽になっていきますよね。

では、どのくらい経つと楽になるのでしょうか?

ロンドン大学の研究結果では、大体25日くらい、約1か月前後までは辛いと感じるようです。

そして習慣を続けてから50.60日くらい、約8週間経つと、楽になってくることが分かっています。

自分にとって抵抗感が強い習慣ほど、身に付くのが遅くなることが解明されており、お散歩などは約4週間、ランニングや激しい運動など、皆さんがちょっと辛いと感じるものは、約8週間ほどかかるようです。

いずれにせよ8週間頑張って続ければ、抵抗感のある習慣でも身に付ける事ができます。

ポイント

8週間という期間がポイントになってくるので覚えておきましょう。

習慣が身に付く回数

回数も習慣作りには重要になってきます。

ビクトリア大学の研究では、週4回以上やる行動を8週間続けると、習慣として楽に続けられることが発表されています。

その時に行われた実験を例にお伝えします。

この実験は、被験者を2つのグループに分け、1週間のうち違った回数ジムに通ってもらうという方法でした。

①.週に2回から3回ジムに行くグループ
②.週に4回以上ジムに行くグループ

結果はというと、どちらのグループも6週間までは継続できていたのですが、6週間以降から①の回数が少ないグループは段々さぼりがちになり、8週間を過ぎたころには完全に辞めてしまうという結果になりました。

②の週に4回以上通っていたグループは、8週間を過ぎてからも続けることができ、習慣にすることができています。

つまり、中途半端に週2.3回行おうとすると、辛さが消えず途中で挫折しやすくなるということです。

TAKUMA
逆に言えば週1回くらいはさぼってもいいってことだね。

週4回以上行えば習慣を身に付けることができるので、どうしても辛い時は無理せず休み、肩の力を抜きリラックスしながら習慣作りを続けていきましょう。

ポイント

習慣として身に付けたい場合は週4回以上やりましょう。
辛ければ週に1回くらいはさぼっても大丈夫です。

習慣作りは朝がおすすめ

習慣を身に付ける場合は、朝起きてからやったほうが一番身に付けやすいことが分かっています。

ニース大学で行われた実験を例にお伝えします。

この実験では、48人の学生を2つのグループに分け、それぞれ習慣を身に付けるための日数を計測するものでした。

①.朝15分ストレッチを行うグループ
②.夜15分ストレッチを行うグループ

この結果、①の朝ストレッチを行ったグループは、105日で完全に習慣化に成功。

一方で、②の夜ストレッチを行ったグループは、習慣化するまで154日もかかる結果となりました。

これは何故かというと、コルチゾールが原因と言われています。

コルチゾールというのは、よくストレスホルモンなどと言われているのですが、何か突発的なトラブルが起きた時に分泌されるエネルギーです。

火事場の馬鹿力と言われることもありますが、もし目の前にライオンが現れたりしたら、一瞬で方向転換して前速力で逃げようとしますよね。

これはコルチゾールが分泌されているからなのですが、コルチゾールレベルが高くなっているときは脳が覚醒され、目の前のことに適用することができる能力が発揮されている状態になります。

私たちの身体は朝起きたときにコルチゾールを分泌して、目を覚まさせようとしているため、その状態の時に新しい習慣を取り入れると、適用する能力が働き、習慣作りの能力が上がるのです。

習慣作りのポイント

あとは、なるべく作業の手間を減らすこともおすすめです。

具体的にいうと、習慣的に行いたい行動を20秒早く取り掛かるように準備をします。

例えば、普段ジムに行こうと思ってる場合は、当日スポーツウェアやシューズを用意するのではなく、予め寝る前にジムに持っていく用意を全部かばんに入れておき、それだけ持っていけばいい状態にしておいてください。

取り掛かるまでの時間をできるだけ減らしておくと、習慣として身に付きやすくなります。

家でストレッチをやろうと思っている場合は、常にヨガマットを部屋のなかに広げておくのがおすすめです。

TAKUMA
逆に間食をなくしたい場合、通常より20秒手間がかかる椅子を使わないと取れない場所に隠したりすると効果的だよ。

まとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ

・8週間継続すると習慣になる
・週に4回以上行うと続きやすい
・夜ではなく朝起きてからやる
・20秒早く手間をかけずに行える準備をしておく

習慣作りは知識があれば誰でも習得できるものになります。

何かに取り組もうと思っている方は、是非参考にしてみてください。

-習慣作り
-,

Copyright© Better than Before , 2020 All Rights Reserved.