人間関係

知らないと印象が悪くなる やりがちな3つの会話術

こんにちは!

TAKUMA
今回は知らないと印象が悪くなる3つの会話術についてお話しするよ。

こんな方におすすめです

  • 人と接する機会の多い人
  • 相手に良い印象を与えようと空回りしてしまう人
  • コミュニケーションが苦手だなと感じている人

この記事を読むと以下のことが得られます。

やってはいけない会話中の行為
相手に良い印象を与える会話について

実はこの記事を書いている自分は、話すことが苦手です。
自分自身が改善すべきポイントだと感じたことを、アウトプットの意味を込めてこの記事を書いています。

知らないと印象が悪くなる会話

人間は誰しも他人に嫌われようと思って生きている人はいないと思いますが、

 他人に好かれようと頑張っている
 ●良い印象を与えようと頑張っている

実は、この考えが裏目に出てしまうことがあります。

実は勘違いしているコミュニケーションの仕方

誰に対しても好かれようと思い、良い印象を与えようと頑張っている人がいますが、実は相手にとっては自分をよく見せようと思っているのかなと映ってしまい、結果としてあまりいい印象を抱くことはありません。

「10人の人間がいたら、2人はあなたを好きになってくれる人。2人はあなたのことを嫌ってくる人。6人はあなたのことを何とも思っていない人。」という言葉があるように、全員に好かれようと思う考えは難しいかもしれません。

人には個性があり、考え方の違いがあるため、どんなに良いことだと思って取った行動でも、必ず良い印象を受ける人と悪い印象を受ける人が両方現れます。

ここでは、これだけはやってはいけないコミュニケーションの仕方と、2つのポイントについて説明していきます。

最も人間関係を壊してしまう行為

最も人間関係を壊してしまう行為は、相手がしゃべっている最中に、スマートフォンを触ることです。

皆さん全員に起こる可能性があるシチュエーションですが、実は他の行為よりも人間関係に悪影響を及ぼすことがわかっています。

なぜかというと、経験がある方もいるかもしれませんが、相手に自分の話がつまらないのではないと思わせてしまうためです。

これは、相手が見える場所にスマートフォンを置くだけでも悪い影響を与えてしまいます。

TAKUMA
無意識でよくテーブルの上にスマホを置いてしまっていたな。

誰かと一緒にいる場合は、スマートフォンは鞄かポケットの中に入れておくのがおすすめです。

万が一緊急な電話が入ったり、確認しないといけない事情がある場合は、予め正直な理由を相手に伝えておくと好印象につながります。

印象をよくする自慢の仕方

自分の成功話しを相手に伝えるとき、多くの人は結果や成果だけを伝えがちですが、実はそれは印象を悪くするだけになってしまいます。

自慢をする場合は、結果ではなくその過程の努力を伝えることが正しい伝え方です。

理由としては、私たちはサクセスストーリーというのが大好きで、成功までに至った道のりや苦労、苦難を乗り越えたドラマチックな物語を聞きたいと思っています。

それは、今自分たちが苦労をしているため、過去に同じ経験をした人が後々成功していく過程を聞くことによって、勇気が出たりモチベーションになったりするからです。

それなのにも関わらず、自慢をするほとんどの人が結果だけを話してしまい、本当に聞きたいそれまでの道のりを話さないため、聞き手の期待を裏切ってしまい、結果として悪い印象を与えてしまうのです。

ポイント

成功までのサクセスストーリーは知りたいと思っている人が多いため、自慢をするときはそこまでに至った波乱万丈な物語を伝えるのがポイントです。

弱みを見せた方がいい理由

最後に、一番おすすめの会話内容をお伝えします。

それは、自分の弱みを相手に話すことです。

マンハイム大学が行った実験で明らかになっているのですが、私たちは自分の弱みに対してかなりネガティブな感情を持っていて、自分のコンプレックスは他の誰よりも大きい悩みなのだと思っている方が多いです。

このことから、あまり他人に対して自分の弱みを話そうと思う人はいません。

ただ、逆に他人から弱みを明かされた場合は、弱みを明かしてくれた人に対して「勇気のある人」だとポジティブな印象を受けるのと同時に、その相手の悩みに対して大きな問題だと思うことはないようです。

つまり他人から見ると、皆さんの悩みやコンプレックス、誰にも言いたくない過去の過ちは、全くちっぽけなもので、むしろ言ってくれた人に対して好印象を抱くため、勇気をもって言った方がメリットが大きいということです。

今まで誰にも言えなかった悩みを打ち明けることによって、その人自身も一歩前に踏み出すことができますし、良いことの方が多いのではないでしょうか。

最初は勇気のいることだと思いますが、是非実践してみてください。

ポイント

弱みがない人が素晴らしいのではなく、弱みを受け入れて他人に話し前に進む人が素晴らしいのです。

知らないと印象が悪くなる会話術まとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ

・会話中はスマートフォンをテーブルの上に置かない
・自慢は結果ではなくそれまでに至ったストーリーを話す
・自分の弱みを他人に打ち明けてみる

人とのコミュニケーションというのは難しく、良かれと思ってやっていたことも、時には相手に対して悪い印象を与えてしまっていたことに気付かされます。

それもまた勉強であって人間の成長には必要なことですが、今後も学びのあるインプットをした場合はブログでアウトプットできればと思っています。

-人間関係
-, , ,

Copyright© Better than Before , 2020 All Rights Reserved.