人間関係

ネガティブ人脈の対処法と人生が上手くいく友人の特徴

こんにちは!

TAKUMA
今回はネガティブ人脈の対処法と人生が上手くいく友人の特徴をお話しするよ。

こんな方におすすめです

  • ネガティブな人の対処法が知りたい人
  • どのような友人を作るといいのか知りたい人

この記事を読むと以下のことが得られます。

周りにいる嫌な人の対処法
自分に影響を与える具体的な知人
人生が上手くいく友人の特徴

周りの人との人間関係によって、自分の人生も大きく変わっています。

実際に私が意識している友人や周辺環境についてお話ししますね!

人脈整理と人生が良くなる友人について

「周りの人間関係が与える影響と環境を整理するべき理由」では、

 人間関係を整理すべき理由
 ●断ち切った方がいい人脈の特徴

についてお話ししました。

周りの人間関係が与える影響と環境を整理するべき理由

周りの人間関係が与える影響と環境を整理すべき理由についてお話しします。仕事やビジネスで結果を残したい方。人間関係で悩んでいる方。人生をより良くしたいと思っている方におすすめです。

続きを見る

仕事などなかなか環境を変えられない場合もあるかと思いますので、まずはそのための対処法をお伝えします。

ネガティブな人が周りにいる場合の対処法

一つ目は、観察者の視点を持つことです。

嫌な人やネガティブな感情の人と関わらなければいけないとき、面と向かって対峙するのではなく、少し距離を少し置き、客観的に見ることができる状況を作ってください。

そうすることで、相手の感情を真に受けることなく、相手から受ける影響を自分でコントロールすることができます。

二つ目は、ネガティブな感情を力に変えることです。

仕事やプライベートで何か嫌なことがあった場合は、なにくそといった感じでポジティブなエネルギーに変えて頑張る原動力にする方法です。

負けず嫌いな人は日頃からこれができている方が多いですが、何か嫌なことを言われた、馬鹿にされたなどの悔しい感情を逆に利用することで、自分のモチベーションに変えることができます。

TAKUMA
何か目標を達成させたい時、必ずこれを原動力にしているよ。

自分に悪影響を及ぼす人とはなるべく関わらないことが大切ですが、仕事などで関係を断つことが難しい場合は、この2つの方法を実践し、ネガティブ感情に引き込まれないようにしてください。

影響を受けやすい周辺環境

ハーバード大学の研究では、実際に誰が私たちの人生に大きな影響を与えやすいのか明らかにしています。

まずは結果をご紹介します。

①近所に住んでいる友人
②自宅の隣に住んでいる知人
③自分は友達だと思っているが、相手はどうかわからない近所の友人
④自分は仲良いとは思っていないが、相手は友人だと思っている近所の知人
⑤近所に住んでいる親戚
⑥同居している家族や配偶者
⑦離れているところに住んでいる親戚
⑧同居していない家族や配偶者

この結果からもわかるように、理想は仲の良い友人と同じマンションに住んだり、歩いて会いに行ける距離に住むことです。

なんと、近所に親友が住んでいると、人生の幸福度や満足度が約2.5倍上昇することがわかっています。

ちなみに、自分の幸福度や満足度は、親や家族の影響をほとんど受けないという結果が出ているため、親の話しを聞きすぎても幸せにはならないということですね。

ポイント

・仲の良い友達と近くに住むと幸福度が約2.5倍上がる。
・親の話しを鵜呑みにしても幸せにはならない。

周りの幸福度も伝染する

ハーバード大学の研究では、それ以外にも自分の周りに楽しそうな人や幸福度が高い人がいた場合、自分の幸福度も上がることがわかっています。

さらには、幸福な人と付き合う数を増やせば増やすほど、自分も健康になり長生きするようです。

笑う回数が増えると、セロトニンやエンドルフィンが分泌され、幸福感をもたらすと言われていますが、周りの人間関係からの影響も受けているということですね。

自分が付き合う人を選ぶ一番簡単な指標は、楽しそうで幸福度の高い人と付き合うことかもしれません。

人生が上手くいく友人の特徴

では、どんな人間関係が私たちの人生を幸せにしてくれるのか、誰と良い人間関係をつくるべきなのかをお伝えします。

過去の研究データをもとに、どういう友人を作ると人生がうまくいくか調べた調査があります。

結論としては8パターンの友人が必要で、全て揃うと人生が幸せになるようです。

ビルダー 
自分の能力や可能性に気付かせてくれるアドバイスや、モチベーションを上げてくれる人
チャンピオン
自分が何をしても否定をせず、べた褒めしてくれる人
コラボレーター
自分と同じ趣味を持っていて、本気で付き合ってくれる人
コンパニオン
親友(何かあったら一番最初に連絡を取りたいと思う人)
コネクター
自分が困っている時、問題が起きた時に助けになる人脈をくれる人
エナジャイザー
見ているだけで楽しくなるムードメイカーや、エネルギーを与えてくれる人
マインドオープナー
会話の中で新しい発想やひらめきを与えてくれる人
ナビゲーター
困ったときにナビゲートしてくれるメンター、自分が行きたい方向に導いてくれる人

これらの友人がいると、自分の人生を豊かにし、幸福度を高めてくれることが分かっています。

自分と似たような性格な友人だけではなく、多種多様な友人を作る必要があるということですね。

人脈整理と良い友人特徴まとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ

・ネガティブ人脈の対処法は、観察者の視点と原動力に変える方法
・親ではなく、仲の良い友達と近所に住む
・8つの異なる友人を作ると人生が上手くいく

自分にとってマイナスになる関係の人とは距離を置き、その空いた時間で新しい人脈を作っていくことで、皆さんの人間関係や人生がさらに良くなっていきます。

私たちの人生は、周りの人間環境によって大きく変わっていきますので、是非参考にして頂けると嬉しいです。

-人間関係
-, , ,

Copyright© Better than Before , 2020 All Rights Reserved.