フィリピン

フィリピンBDO銀行で海外生活初のクレジットカード作成

こんにちは!

TAKUMA
今回はフィリピンBDO銀行のクレジットカード作成までの道のりをお話しするよ。

こんな方におすすめです

  • フィリピンの銀行口座作成を考えている方
  • 海外発行のクレジットカードが必要な方

この記事を読むと以下のことが得られます。

フィリピンでおすすめの銀行口座
クレジットカード作成までの道のり

この記事を書いている自分は、実際にこの方法で海外初のクレジットカードを取得しています。

それでは、早速お話ししますね!

フィリピンクレジットカードの取得方法

まずフィリピンのクレジットカード作成の条件は

 銀行口座を持っていること
 ●フィリピンの住所があること
 ●21歳以上であること

上記になります。
これらに当てはまらない人は、クレジットカードの作成はできません。

BDO銀行非居住者口座の作成

クレジットカードの作成のためには、まず銀行口座の作成が必要になります。

フィリピンに来る前から下調べをしたところ、セブ島で日本人が口座を作りやすいと言われている銀行は下記の2つでした。

・BDO(Banco De Oro Unibank)
・RCBC(Rizal Commercial Banking Corporation)

どちらの銀行も就労ビザが必要なく即日開設可能とのことで、私の場合はジャパンデスクがあるBDOで口座開設をすることにしました。

結論から言うと、BDO銀行は非常におすすめです。

日本語が話せるスタッフがメールと電話で対応してくれますし、BDOは野村證券と提携しているため、オンラインバンキング利用者であれば、簡単にフィリピン株式投資用の取引口座の作成も可能だからです。

銀行口座の作成に必要なもの

BDOの口座作成には、下記が必要になります、

・パスポート
・日本の運転免許証
・初回預金額(2,000ペソ以上)
・勤務証明書

通常の銀行口座の開設には、身分証を2種類用意しないといけません。

さらにフィリピンで認められた身分証の提示が必要になるため、パスポートの他にフィリピンの運転免許証などが必要になってくるのですが、BDOでは日本の運転免許証でも問題ないとのことで、こちらもジャパンデスクがあるBDOを利用するメリットかなと思います。

居住者口座と非居住者向け口座の違い

通常の居住者口座と非居住者向け口座の違いは、預金方法の制限が有るか無いかです。

非居住者向け口座の場合は制限があり、預金方法が下記の2通りのみになります。

・海外からの送金
・窓口での預金

非居住者向け口座の場合、他の口座からの送金や、ATMでの入金ができません。

また、窓口で預金をする際には、両替所の利用控えやATMのレシートや給与明細などが必要になりますので、まずは非居住者向け口座を作成し、9Gなどの就労ビザを取得した段階で、居住者口座への切り替えをされるのがおすすめです。

口座開設が完了

口座開設自体は、その場で完了します。

窓口で口座番号が書かれた用紙を受け取りますので、口座番号は忘れずにメモに取りましょう。
(通帳なしのプランだと、他に口座番号を確認できるものがありません)

デビットカード付きのATMカード(日本でいうキャッシュカード)は一週間後くらいに指定した住所に届きます。

クレジットカードの申請方法

後日、9G(就労ビザ)を取得し、クレジットカードの申請を行いました。

申請のために窓口に行く必要はなく、BDOジャパンデスクに必要書類をメールで送信すれば申請が完了します。

クレジットカードの作成には、

・パスポート
・ビザの確認できるもの(パスポートのビザページかACR-Iカード)
・過去3ヶ月の収入証明

上記が必要で、これらのコピーや書類を申込書と一緒に提出すれば審査が始まります。

BDOジャパンデスク経由で作成できるカードの種類

ジャパンデスクで選べるカードブランドは「JCB、VISAカード、Masterカード」の3つで、スタンダード、ゴールド、プラチナ、その他提携カードを自分で選択することができます。

カードランク基準

・スタンダードが20,000ペソ
・ゴールドが50,000ペソ
・プラチナが100,000ペソ

月収が上記の基準を越えると、審査に通ってくると言われています。

やはり日本よりカードランクの審査基準は低くなっています。

私がジャパンデスクにおすすめされたのは、違う国際ブランドのカードを2枚申込みをするという方法でした。

カードの利用限度額は2枚で共有にはなりますが、フィリピンでは店舗によって使用ができないブランドもあるため、2枚持ちは実用的だと思います。

※メインカードとしてJCBのゴールドカードを、JCBが使えない場合の補助カードとして、Masterカードを申込みしました。

クレジットカードが届くまで

まず、BDOから最初のアクションがあったのは、カードの申込み書類を提出してから約1ヵ月後です。

BDOから電話があり、英語で名前や住所、勤務地などの本人確認がありました。

その後は何も問題がなく、電話があった約1週間後に郵送先として指定していた勤務先に、無事カードが届いています。

BDOクレジットカード作成まとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ

・フィリピンおすすめの銀行はBDO
・ジャパンデスクもあり安心
・銀行口座とビザを準備すれば誰でも作成可能

無事に念願のクレジットカードが作成できました。

カードが届くまでにかかった期間は約6週間で、日本に比べるとかなり時間がかかります。

日本の金融履歴などに関わらず、口座とビザがあれば誰でも作成できますので、フィリピンで生活される方は是非参考にしてください。

-フィリピン
-, ,

Copyright© Better than Before , 2020 All Rights Reserved.