自己成長

逆境に強い人の特徴【逆境に向き合う力】

こんにちは!

TAKUMA
今回は逆境に強い人の特徴をお話しするよ。

こんな方におすすめです

  • 失敗しながらも乗り越えていきたい目標がある人
  • 逆境を乗り越えて人生を豊かにしていきたい人

この記事を読むと以下のことが習得できます。

逆境に強い人の特徴
逆境に立ち向かうために必要なこと

この記事を書いている自分は、自分に必要なスキルを日々インプットしこのブログで発信しています。

それでは、早速お話ししますね!

逆境に強い人の特徴

人生の目標を叶えるためには、色々なことを乗り越えていかないといけません。

 自分に直面した困難から逃げる
 ●嫌なことを見て見ぬふりをする
 ●壁を乗り越えることを諦める

当然これでは自分の望む将来は実現することができません。
失敗しながらも壁を乗り越えていける人間だけが成功するのです。

逆境に向き合う力

逆境を乗り越えるために、精神論のような歯を食いしばればいいのかというとそうではなく、しっかりと逆境に向き合い対策を考えることが重要です。

また、逆境に強い人は、ある特定の考え方を持っていることがわかっています。

ここでは、逆境に向き合い乗り越えるために役立つ、逆境に強い人の特徴を4つ紹介していきたいと思います。

現実的な楽観主義者

一つ目の特徴は、「現実的な楽観主義者」です。

物事を現実的に見極めることができ、尚且つ前向きな可能性見出すことができる人が逆境に強いという研究結果が出ております。

一般的には、逆境に強い人はネガティブなものに目を向けず、ポジティブさだけで乗り越えていると思われがちですが、実はそうではなく、悲観的な人たちと同じようにネガティブなものに目を向けていることがわかっています。

なぜかというと、楽観的なだけだと物事に対して真剣に向き合おうとはせず、逃げてしまう傾向があるためです。

この現実的な楽観主義者の特徴としては、ネガティブな部分に目を向け、それが解決可能な問題だと分かった場合は、徹底的に解決方法を考えて対策していく特徴があります。

ただ、解決ができない問題に対しては執着しすぎず、うまく切り抜けていく傾向があるのです。

逆に悲観主義の場合は、全ての問題に対して解決しようとするため、本当に解決できない問題に当たったときに、どうすることもできなくなってしまいます。

目の前の壁に対して、自分一人の力で乗り越えられるものなのか、現実的に難しいことなのか見極めることも重要なスキルとなっています。

ポイント

乗り越えられる逆境なのかを見極め、解決できる場合はしっかりとその問題に向き合うことが大切です。

恐怖や逆境から目を反らさない

二つ目は、恐怖から意識を反らさないことです。

恐怖や逆境を感じた時は、無意識的に目を反らしたり、その場から逃げ出したり、気晴らしに別のことをしがちなのですが、逆境に強い人はしっかりと恐怖に目を向けていることがわかっています。

意識を向けるとは、恐怖から何を学べるのかを冷静に考えるということです。

恐怖を感じた時に、自分はどういう感情を感じているのか、また身体はどういう反応を示しているのをしっかり掘り下げてみてください。

実は私たちは、恐怖を乗り越えながら生活をしています。

例えば、人前でスピーチをしたり、知らない場所へ行かなければいけない時など、慣れないことや新しいことをしなければいけない時など、恐怖に感じると思います。

さらには、他人と違うことをする場合、人に認めてもらえない恐怖もあります。

これらの恐怖を乗り越えるには、ひたすらその問題に向き合うしかありません。

繰り返しになりますが、こういった不安や恐怖から自分は何を学べるのか。

また、「これは自分を成長させるための試練だ」と考えることによって、自分の中で納得できる定義ができるわけです。

ポイント

逆境から強くなるためには、根性論ではなくメンタルのコントロールが重要になってきます。

生涯学び続ける姿勢

生涯に渡って逆境を乗り越え続けるためには、常に学ぼうとする態度が必要です。

なぜかというと、先ほどもお伝えした通り、逆境を乗り越えるためには恐怖と向き合い、恐怖から何を学べるのか考えることが重要なのですが、これは学びの姿勢がないとできないからです。

人間は、もう学ぶものなどないと考えるようになってしまうと、その後の逆境を乗り越えることができなくなってしまいます。

自分の方が人生経験が長いとか、スキルが上だと思っていると、すぐに追い抜かされてしまうため、生涯に渡って学び続ける姿勢を保つことが、結果として逆境を乗り越える力にもなってくるのです。

TAKUMA
学ぶことをやめてしまうと壁が越えられなくなるから、後から来る人に簡単に追い抜かされちゃうんだね。

あらゆる行動の意味を考える

逆境に強い人は、あらゆる行動の意味を深堀りして、意味を見出すことが得意な傾向があります。

そのため、自分がやっている職業を仕事と言わずに「使命」や「天職」という呼び方をしている人が多いです。

なんとなくやっているのではなく、自分のやっている行動には深い意味があり、とても重要な事だと思って取り組んでいるため、逆境や大きな壁があっても乗り越えることができるのです。

自分の行動に意味がないと思っていたら、真剣に頑張ることができないですよね?

その通りで、逆境があったり辛いことがあっても、意味があることだからこそ真剣に向き合って頑張ることができるのです。

このように自分の行動や目標に対して意味を見出すことによって、逆境に強くなるだけではなく、人生の成功にも繋がっていきます。

自分なりで構いませんので、自分の行動に意味を見出して逆境も乗り越えていきましょう。

逆境に強い人の特徴と向き合う力まとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ

・現実的に乗り越えられる逆境なのか見極める
・逆境は自分を成長させるための試練だと考える
・自分の行動を深堀りし意味を見出す

逆境を乗り越えていくことによって、自己成長はもちろん自身の目標達成にも近づいていきますので、常に問題に向き合い、行動の意味を見出し、壁を乗り越えていっていただければと思います。

-自己成長
-, , ,

Copyright© Better than Before , 2020 All Rights Reserved.