自己成長

長時間集中力を維持する3つのテクニック

こんにちは!

TAKUMA
今回は集中力を維持する3つのテクニックをお話しするよ。

こんな方におすすめです

  • 集中力が続かず困っている方
  • やり遂げたい目標がある方
  • 集中力を上げる方法が知りたい方

この記事を読むと以下のことが習得できます。

集中力が続かない原因
集中力を維持する具体的なテクニック

この記事を書いている自分は、この方法を実践し目標に向けて取り組んでいます。

それでは、早速お話ししますね!

集中力が続かない原因

まず、集中力が続かない一番の要因は、

 周りからの物理的な刺激が原因

人間は元々危機回避能力として周囲に気が散りやすいようになっているため、スマホが鳴ったり、パソコンでポップアップが出たりすると、すぐそれに反応してしまいます。

それが集中力を削ぐ原因になってしまうため、まずは周辺環境を整えることが重要です。

自分一人の集中できる環境で作業をしたり、スマホの電源を切っておくなど、対処できるものは予め対処しておきましょう。

そのうえで、これから紹介する具体的なテクニックを取り入れてみてください。

成功のスパイラルを利用する

人間は、自分はやれば出来るという自己効力感がとても大切です。

自分が頑張った分だけ成果が出るという感覚や、頑張れば何かを得ることができるという感覚を持っている方が、物事に集中して取り組むことができます。

皆さんも経験があるかもしれませんが、何か一つの分野で成功したり成長を実感すると、他の事でもやる気がでてくることがわかっています。

例えば、金曜日に仕事で結果が出ると週末もアクティブになったりだとか、逆にプライベートでいいことがあると仕事も頑張ろうとやる気が出たりなど、何か特定のジャンルで成長を実感すると、ベースの自己効力感が上がり、他のジャンルでも高い集中力を発揮することができるのです。

つまり、自分の趣味や今まで経験したことがないことでも何でもいいので、何かのジャンルで自分の成長を実感できるような成果を上げることがおすすめです。

TAKUMA
「集中力が続かないんです」っていう人は、まず何か自分ができそうなことを頑張ってみるといいよ。

一番簡単なのは、新しいことを学ぶことです。

なぜかというと、人間は一番最初が一番成果を感じられやすいからです。

筋トレや趣味など新しいことを始めると、今まで出来なかったことができる感覚をたくさん感じることができるので、できないと思ったけど意外とできる感覚を増やし、自己効力感を上げて頂ければと思います。

ポイント

新しいことを始めて、自分はできるという成功体験を感じることが大切。

脳内イメージトレーニング

今までスポーツをやられていた方など、既に実践されている人も多いもしれませんが、自分が理想とする未来の姿を想像したり、成功した未来とできなかった未来を比較したりなど、イメージトレーニングをすると効果的です。

具体的な方法としては、

step
1
自分が達成したい未来の目標をイメージする

成功していた後の姿を想像するというよりも、自分はこういうことができるようになりたいといった姿を想像して下さい。
例えば、毎朝のトレーニングを目標にしているのであれば、朝6時に起きてトレーニングをスムーズにやっている姿をイメージするといった感じです。

step
2
成功した未来が与えるメリットを考える

毎朝の筋トレの場合、運動後は集中力が上がるので、仕事のスピードが上がり成果が出やすくなったり、本を今まで以上に集中して読めるようになったり、理想の身体を手に入れ異性にモテるようになったり、健康的で体力もつくので疲れにくくなったりなど、得られる結果を想像します。

step
3
達成したい理由を紙に書く

自分がなぜその課題を達成したいのか、やるべきことに集中したいのかを考え、紙に書いていきます。

step
4
達成した未来像と現状の差を考える

集中力が続かない理由はなぜなのか、自分が将来達成している時とはどのような差があるのか、どこを改善すればよいのかを考えます。
例えば、スマホに気を取られてしまうのが原因で集中力が続かないのであれば、スマホを手の届かないところに隠しておくなど、それができていない原因と差を考えるといった感じです。

集中力の維持をするためには、未来の像と現実の対比をすることが大切ですので、上記の方法でイメージトレーニングを行ってみてください。

ゲーミフィケーションを使う

ゲーミフィケーションとは、タスクや仕事をゲーム感覚的にこなしていくことです。

ゲームをやると夢中になって没頭してしまったことがあるかと思いますが、実はゲームには脳を刺激してやる気を高めたり、集中力を維持させるテクニックが沢山盛り込まれています。

これを日常的にも活用することによって、没頭する感覚を高めさせるテクニックが、ゲーミフィケーションです。

ゲーミフィケーション例

・同じ目標を持った人とルールを作り、お互い競争する
・毎日の作業をタイムアタックにして過去の自分と競う
・ノルマではなく、新記録を出すという発想に切り替える
・面倒くさい作業と大きな目標をセットにする

全てに罰ゲームやご褒美を設定しておくと、さらに効果的です。

このように、日常の行動をゲーム感覚に切り替えることによって、自分自身のやる気や集中力も上がってくるのです。

このゲーミフィケーションを取り入れることによって、目標達成率もかなり上がってきますので、是非取り入れてみてください。

集中力維持の3つのテクニックまとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ

・スマホなど集中を削ぐものは予め排除しておく
・成功体験を積み重ね自己効力感(やればできる感覚)を上げる
・目標やタスクをゲーム感覚で行う

目標達成には、集中力を維持することも必要なスキルになってきます。

集中力が続かなくて悩んでいる方は、周辺環境の整備と3つのテクニックを活用してみてください。

-自己成長
-, , ,

Copyright© Better than Before , 2020 All Rights Reserved.